やっぱり最初に手に入れたコンピュータf

  • 投稿日:
  • by

やっぱり最初に手に入れたコンピュータ。忘れもしない自身が小学1年生の冬、住まいでは発売されて間もない「所帯コンピュータ」をおとうさんが購入しました。

おとうさんは新リリースのエクササイ ズマシーンものに何とも興味を持つ本質で、そのおかげで自身はリリース早々から「ファミコン」で遊ぶことができたのです。

最初に本体と共に購入したのは「ベースボール」(任天堂)でした。四六時中勉強から帰ったら大急ぎで宿題をすませ、近所の友だちというピコピコやっていま した。当初は楽しんで見ていたおとうさんもいつのまにか、遊びばっかりやる自身にタイムリミットや数字UPを環境に目新しいソフトウェアの続行をするな ど、あんまりいい風貌をしなくなっていきました。

よく怒られてブレーカー都度電源を落とされたりもしましたね。 その後もリリース当時生まれたばかりだった弟が大きくなり、自身がハイスクールになってもまだ「ファミコン」は現役バリバリで活躍していました。

その頃は 「前ステ」「セガサターン」もリリースし、ファミコンなんてキャリア上の商品となっていたのですが、住まいでは相変わらず「ベースボール」のシンプルさと いう奇妙なバグによるとんでもないボールの揺れが面白く、夜遅くにそっと弟といったやって遊んでいたものです。

それからさらに15階層以上たった今でも物置の隈に大事に「ファミコン」はしまってあります。またいつかわが子が遊んでくれるのを待っているかのように。

そして僕は大人になり、セックスに興味が出てきました。そのセックスのやり方など解説したサイトがこちらです。